GOOD STORY

GOOD STORY

スタッフの常日頃の業務の中で、
忘れることのできない心が
「ほっ」と温かくなるような
ストーリーをお届けします
Recent_Entries
2018年10月29日
GOOD STORY「あの試食会がなければ」

あの試食会がなければ、あのご縁に繋がらなかったと思います

GOOD STORY あの試食会がなければ

2017年6月某日

私はこの日の試食会担当の音響オペレーターになりました。

その日の音響オペレーターが、試食会進行のBGMを決めることが出来ます。

 

なにをかけようか考えていた時、結婚式では今までかかったことの

ない曲をかけることにしました。

 

私は、京都の野外音楽フェスである【京都大作戦】が大好きです。

その出演アーティストの曲をかけようと思いました。

 

試食会当日は完全に自分好みの音楽をかけていました。

そんな中、サービススタッフが私のもとにやってきて、

「あちらの新郎新婦さんが呼んでいます」と伝えに来ました。

 

何事かと思ってお席まで伺うと、

「この選曲したのはあなたですか、僕達もこんな感じの音楽かけたいんです。

結婚式で、こういう音楽かけたら変かなと思っていましたが、

かかっていたのを聴いて今、決心しました。」と、お言葉を頂けました。

それから、しばらくお話をしていると、私に、是非担当の音響オペレーターに

なって欲しいと言ってくださいました。

 

その頃は、まだBGMの打ち合わせにもあまり入っていない段階だったので、

何度も上司に打ち合わせのロープレを重ねてもらい、担当することができました。

 

すごく楽しく打合せをすることが出来、打合せ後も、何度もメールで音楽について

やりとりを重ね、いざ本番へ。

 

いよいよご結婚式本番。

急遽、挙式中に使用する音楽が必要になったと知り、

私はこの日の為に予備で用意していた曲を提案したところ、

新郎新婦も同じ曲を言っていたと他のスタッフから聞いて嬉しくなり、

まだ挙式も始まってもいないのに泣いてしまいました。

 

ご披露宴は本当にあっという間でした。綺麗すぎる新婦さんと、

凛々しい新郎さんを見た時、また涙が止まりませんでした。

滞りなく、進行は進み、いよいよ退場のシーン。

扉に向かって歩いているお二人を見ていたら、不意に新郎さんがこちらを見て、

笑顔で頷いてくれました。ありがとうと言ってくれている気がして

また涙が溢れてきました。

 

ご披露宴後、ご挨拶に伺った際には、

「楽しかった、あなたが担当で本当によかった」そのようなお言葉を頂けました。

 

それから何ヶ月か経ち、打ち上げという名の

飲み会にも誘って頂けて楽しい時間を過ごすことが出来ました。

私が退職する際のメッセージムービーにも出演して下さいました。

 

音楽をかけて、ゲストが聞き取りやすい声を届けるのが

音響オペレーターの仕事。でも私は、それ以上のことを学びました。

このお二人のおかけで、この仕事の大切さを改めて感じることが出来ました。

 

あの試食会がなければ、あの選曲をしていなければ、

このような素敵すぎるご縁はなかったと思います。

 

そして、サポートしてくれたフェムの仲間にも感謝をしています。

京都八坂営業所 A・T

 


Calendar

2019年4月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP
  • MESSAGE
  • CORPORATE INFORMATION
  • RECRUIT
  • CONTACT
PAGE TOP