Operator 演出オペレーター

当日の披露宴会場にて、音響・照明・映像のオペレーションを行い、一生に一度しかない最高の空間を演出します。

ある日の一日 演出オペレーター

会場入り

まずは、本日担当する会場に入って会場機材のチェックを行います。ここは丁寧・慎重に。マイクのセッティングやスポットライトの調整も同様です。

機材のセッティングが完了したら、音源のチェック、進行の確認をしっかりと。さらに余興のリハーサル対応なども行い、万全の準備を整えます。

会場スタッフと 最終ミーティング

ご披露宴本番直前には、会場責任者、司会者、カメラマンとともに最終ミーティングを行います。ここでお互いに進行についての詳細情報を共有し、本番に臨みます。きゅっと気持ちの引き締まる時間です。

本番スタート

ご披露宴の進行に合わせ、音響・照明のオペレーションを実施していきます。ここで最も肝心なのは、タイミングと音量。細心の注意を払ってベストな空間演出を心がけます。

ここが一番大事!
空間演出をするためには、その空間全体を把握する事が大事!

おひらき

2時間30分に渡るご披露宴のオペレーションが終了したら、後片付け。1日2件のオペレーションを担当することもあり、そんな日は気が抜けません。

自分NO.1
自分No.1とは
私は、BGM配信力No.1
演出オペレーター入社6年目
石井健大Ishii Kenta
Q&A
Q.なぜそれを掲げたか?
A.音楽というものを、自分自身も楽しく取り組め、スタッフで共有し、役立ててもらえるように、私はBGM提供No.1でありたいと思っています。 無数にある音楽は、選曲によって雰囲気や空間をも変えることができる演出手法。なにより音楽が好きということもあり、演出オペレーターという仕事を通して、毎週3曲をスタッフへ紹介しています。
Q.どのような流れで フェムに入社したか?
A.ブライダルの配膳をしていたとき、社会人としてブライダルに関わっていきたいと考えました。音楽が好きだったこともあり、実際の婚礼の現場で演出オペレーターをしている音響スタッフを見て「ずるい!」と思ったのがきっかけで演出オペレーターを目指すことに。その他、居酒屋やCG制作などをしてきましたが、いずれにおいても自分が今、身に着けたいことを念頭において仕事をしてきたので、学びたいことをそれぞれの仕事で得られたと思っています。
Q&A
Q.心に残っている仕事は?
A.バンケットの改装工事とドレスショーの施行です。どちらも経験不足な面が多かったですがここまで多様な仕事に関われるのは、フェムならではだと思いました。
Q.この先やりたいことは?
A.自分が、「フェムで一番仕事を楽しんでいるNo.1」になること。
Q.格言・好きな言葉は?
A.どんな作品も皆、素人の集まりでモノづくりをしている。
Q.あなたの仕事は どんな人にオススメですか?
A.自分で作り出すことが好きな人。
エントリーはこちらから
PAGE TOP