SoundLighting イベントコーディネーター

ブライダルではもちろんの事、その他にもショーイベント、ダンスパーティー、企業の会議・パーティー、国際会議など、様々なイベントにおける音響・照明・映像のテクニカルに特化したプロ集団。主催者との打ち合わせから、プランニング、オペレーションまでを行います。

ある日の一日 イベントコーディネーター

打合せ~ プランニング

主催者様とクライアント営業担当の方と会場下見をしながら打合せ。 ご要望をしっかりお伺いしてから、それにかなう音響・照明・映像などのプランを考えます。 バルーン装飾やタレント手配なども手掛けるのが、フェムらしい特徴の一つです。

様々なイベントがあります
テクニカルな分野だけでなく、キッズコーナーや縁日などのアトラクションの手配など そのイベントに併せて幅広く空間演出を行います。
会場設営& リハーサル

イベントプランの資料を作成し、スタッフ同士で情報共有。 それに沿って手際よく会場設営をしていきます。 準備が整ったら、リハーサルです。

本番の オペレーター

本番のオペレーションは、インカムをつけて関係スタッフとの連携を取りながら実施。 イベントの種類は、その日その日で様々なので、とても楽しいですよ。

片付け

イベント終了後は、手際よく片付けを実施していきます。 そのまま次のイベント設営に入ることもあり、体力と集中力が必要となる仕事です。

自分NO.1
自分No.1とは
私は、人の笑顔と感動が大好きな、盛り上げNo.1
イベントスタッフ入社11年目
富田裕啓Tomita Yutaka
Q&A
Q.なぜそれを掲げたか?
A.人の笑顔と感動が好きです。 僕には特別な発想力や飲み会の場を盛り上げるような力はありませんが 、こうやったらもっと盛り上がるんじゃないか、こうやったら、もっとサプライズになるんじゃないか、が浮かんできて やりたくて仕方なくなります。 自己満足ですが、それを現実的にするためには、今仕事をしている中だけでは、なかなか培われない知識や経験を身につけます。 今は、個人で映像を作ることに四苦八苦しています。
Q.フェムでのキャリアは?
A.学校卒業後、「音楽が好きだ!」というだけでノリと勢いで面接を受け、 そして面接当日に遅刻をしました。 奇跡的に受かり、音響の仕事に携われるようになったのですが、 その奥深さに触れて音楽好きから「音」好きへとなっていきました。
Q&A
Q.心に残っている仕事は?
A.某プロミュージシャンのPAを会場で行い、自分なりに満足のいく音を作りあげましたが、正直不安でした。 ですが、リハーサル後に演者さんより「いい音だ」と一言いただき、とてもうれしくて今でも忘れられません。 自分が今迄培ってきたものが認められた気がしました。以降も、これをプライドとして頑張っています。
Q.この先やりたいことは?
A.この仕事はエンターテイメントです。 音(聴覚)と光(視覚)を使って観衆をあっと驚かせるような、歓声が湧くようなイベントを企画・制作していきたいです。
Q.格言・好きな言葉は?
A.してあげたことは忘れて、してもらったことは忘れるな。
Q.あなたの仕事は、 どんな人におススメですか?
A.ショーやミュージカル、テーマパークの好きな人。
私は、笑顔No.1
イベントスタッフ入社4年目
馬場奈美子Baba Namiko
Q&A
Q.なぜそれを掲げたか?
A.笑顔の人がいるだけで、その場が明るくなり、穏やかで前向きな気持ちになれます。 私は常にそんな笑顔パワーで、周りの人も巻き込み笑顔にしてしまうような”笑顔のNo.1″でありたいと思っています。 常に口角を上げる努力は惜しみません!
Q.どのような流れで フェムに入社したか?
A.友人の結婚式の余興で映像制作を行ったところ、友人の新婦がとても喜んでくれたことがきっかけで ブライダルに興味を持ち、フェムへ入社しました。2010年からオペレーターとして配属。 音響にとどまらず、機材の仕組み・運用していくことに面白さや魅力を感じ、2013年からはイベントコーディネーターへ。 現在は、婚礼から一般企業パーティー・展示会まで、頭の切り替えが大変なほど多岐に渡る案件に携わっています。
Q&A
Q.心に残っている仕事は?
A.クライアントの希望内容で、機材の仕込み図を起こし、カタチにできたこと。
Q.この先やりたいことは?
A.入社してまだ3年、まだ学ぶことが多いため、とにかく現場に出て、経験を積み、一日でも早く大きなイベントを任される存在となりたいです。
Q.格言・好きな言葉は?
A.一期一会。
Q.この仕事は、 どんな方におススメしますか?
A.想像力・応用力があり、先を読んで行動できる人。
エントリーはこちらから
PAGE TOP