Wedding Planner ウエディングプランナー

ご新郎ご新婦の夢をカタチにするための挙式・披露宴の総合的なプランニングを行います。お客さまのご希望通りのイベントを提案し作り上げていく、クリエイティブな楽しさは魅力のひとつです。

ある日の一日 ウエディングプランナー

ブリーフィング・ メールチェック

スタートはスタッフ全員で、スケジュールや受注件数を確認するブリーフィングから。その後、挙式目前の担当のお客さまからのメールや電話に対応し、これから挙式をご検討の方々へ資料送付なども行います。

ご新郎ご新婦と 会場下見

挙式をご検討されていらっしゃるお客さまをご案内。会場の下見の最中にいろんなお話を伺い、進行についてもお二人ならではのプランをご提案していきます。

ご新郎ご新婦の想いをカタチに
ベストな提案をするには、ご新郎ご新婦の夢や想いを聞きだすことが大事!打合せでは、ご新郎ご新婦の「話を聞く」ことを意識しています。
ご新郎ご新婦と 打合せ

ご披露宴をひかえる担当のご新郎ご新婦とお打ち合わせ。お話を聞く中で、ご希望やニーズを汲み取り、進行や演出、引き出物や料理の手配、衣裳選びまで総合的にプランニングしていきます。ご不安やお悩みの相談に乗るなど、メンタル面でのサポートも大切です。

本番の 会場チェック

本日のご披露宴についてウェルカムアイテムや引出物ほか、会場のチェックを実施。会場スタッフとも最終の確認を行い、気を引き締めて本番を迎えます。

ご挨拶

いよいよご披露宴がスタート。この晴れの日を迎えるまでに何度もお打合わせを重ねたことなどを思い出すと、感激はひときわ。皆様の幸せな笑顔あふれる様子に、やりがいや喜びを実感する瞬間です。

自分NO.1
自分No.1とは
私は、自由気ままNo.1
ウエディングプランナー入社5年目
高橋なつ海Takahashi Natsumi
Q&A
Q.なぜそれを掲げたか?
A.自由な感性と豊かな発想力が私の武器です。これまでの価値観にとらわれずに、どんな状況にも柔軟に対応できる──。そんな存在でありたいと思っています。
Q.どのような流れで フェムに入社したか?
A.ウエディングプランナーになりたくてブライダルの専門学校に入り、その後、フェムに入社。入社後は厳しくもやさしい研修を受け、ブライダルサロンの受付を経てホテルのウエディングプランナーになりました。
Q&A
Q.心に残っている仕事は?
A.新規で獲得したお客さまからご依頼いただいた件が、当日無事に終了したときのこと。後日、お礼のお菓子とお手紙を持ってご挨拶に来て下さって、とてもうれしかったです。
Q.この先やってみたい事は?
A.ホテルの中で働いているので、英会話を身につけて、より多くのお客さまとコミュニケーションをとりたいです。
Q.格言・好きな言葉は?
A.自由奔放。
Q.あなたの仕事は どんな人にオススメですか?
A.想像力のある人。それから、この人の夢を叶えたい!と本気で思っている人。
エントリーはこちらから
PAGE TOP