GOOD STORY

GOOD STORY

スタッフの常日頃の業務の中で、
忘れることのできない心が
「ほっ」と温かくなるような
ストーリーをお届けします
Recent_Entries
2018年06月01日
GOOD STORY「 キセキ~誕生~ 」

私の友人の話です。

業務中の話ではないですが、私たちのお仕事にはいろんなストーリーを抱えたお客様がいます。

そのたくさんのストーリーの中のある一組の新郎・新婦のこと。

私の活力となっているとっても大事な出来事です。

 

4年前に友人Nちゃんから、結婚の報告があった。同時に妊娠の報告もありWでHAPPYな報告。

結婚式は報告を聞いた4カ月後と、かなりタイトなスケジュールのようだった。

しかしNちゃんは

『マタニティーブルーにもマリッジブルーにもなる余裕なんてない!』

と、とにかくワクワク。そんな前向きなNちゃんを見ていて私もエネルギーを分けてもらっていた。

報告から3カ月たったある日、Nちゃんから入院したとのメールが来た。仕事終わりにすぐ搬送先の病院へ向かいNちゃんの病室へ行った。扉を開けるとすぐ目が合い、いつもと変わらない笑顔で

『なんか、ごめんね~!びっくりしたよね~』 と・・・

笑顔で話しているけど、その時何か違和感を感じていた私は帰宅後Nちゃんにメール。

【さっきは元気そうで安心したよ!何か無理していることあったら言ってね!】

その後すぐ返信がきて

【ありがとう!オマメちゃんが来るところ間違えちゃったみたい。】

私は、何のことか初めは理解できなかった。

“オマメちゃん”とはNちゃんが、おなかの赤ちゃんに付けていたあだ名。

マタニティーブルーなのかな・・・と思い、

【オマメちゃんはNちゃんに似て方向音痴なのかな?でもNちゃんを選んでくれたことに間違いはないよ!】

と、私は状況が分からないまま返信してしまった。その日のメールのやり取りはそれっきりで、その2日後にNちゃんの旦那さんから、入院したその日に流産してしまったことを聞いた。

何でもっと深く話を聞いてあげられなかったのだろう。余計な事しかメールできなかった自分を悔いた。

それから4日ぐらいたってNちゃんは退院し、メールが来た。

【今度みんなで会おー!】

いつもながらスタンプ付の明るいメールだった。

後日、友達みんなでランチへ。そのときNちゃんから流産してしまったことを改めて聞いた。そして結婚式が延期という事も。

 

しかし、ここで私が素敵だなと思った出来事があった。

 

もし、もうすぐ結婚式で赤ちゃんもできた!でも、流産し結婚式も延期。

そんなことになったら、きっと立ち直れない人だっているだろう。

 

でもNちゃんは違った。

旦那さんとNちゃんは結婚式をオマメちゃんの出産予定日だった日へ延期したのです。

 

『予定日だった日を悲しい日にしたくない!オマメちゃんが存在した事に変わりはない。だから感謝の気持ちも込めてこの日に挙げたい!オマメちゃんが結婚のきっかけをつくってくれたから。』

 

Nちゃんの強くたくましい姿を見て、たちまち涙がこみ上げてきた。

もう、母の姿だ。そう思った。

私の中で嬉しい感情と、悲しい感情と、色んな感情が交差した。

ここ最近、仕事やプライベートの事で悩んでいた自分がすごくちっぽけに思えるくらいNちゃんの言葉は響いた。

 

数か月後、とっても素敵な結婚式に参加できた。平日だったこともあり大勢というわけではなかったけれど、今までにないくらいキラキラ輝いた温かい結婚式をみることができた気がする。

 

改めて、自分の周りの人が笑っていることの幸せに感謝した一日だった。

 

そして、自分の話になるが一昨年大事な大事な命を授かり昨年1月に元気な男の子を出産。周りを常に明るく温かく晴らす人でいてほしい。そして何よりこの子が明るく元気でいてほしい。素直に単純な気持ちを込めて【晴人(はると)】と名付けた。元々は違う名前を予定していたが産んだ瞬間、Nちゃんの言葉や我が子の産声、顔を見たときにこの名前しか出てこなかった。

同時にNちゃんも新しい命を授かり、我が子と同級生になる子を3月に出産。オマメちゃんの出産予定日に挙げた結婚式後に、また命を授かることが出来た“キセキ”の“誕生”。

 

『オマメちゃんが戻ってきた!結婚式が目印になったかな?!もう迷わないよね!』

Nちゃんのこのメールを今でも読み返す度、元気がでる。

私のとっても大事な出来事。

GOOD STORY応募 キセキ~誕生~

友人と限られた人しか知らないこの話を載せるか迷いました。

でも私の活力にもなっている自慢の友人Nちゃんという女性(新婦)がいたことを知って欲しい!

そして私たちの仕事は、奇跡的で素敵な1日に携われていることだと誇りに思ってほしい!

そう思い載せました。

 

鹿児島中央営業所 S・R


Calendar

2019年4月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP
  • MESSAGE
  • CORPORATE INFORMATION
  • RECRUIT
  • CONTACT
PAGE TOP